Hirameki 7とは?

Hirameki 7で使える各機能の説明と、0円~利用可能な2つのプランについて紹介します。

Hirameki 7のプランについて

初期費用は0円。
0円で使える「フリー」。たっぷり使える「プライム」。2つのプランをご用意しています。

フリープラン 0円(税別) プライムプラン 8,000円(税別)
Webサイト 1ページ作成可能 ※1 10ページまで作成可能 ※1
※プライムプランの場合は別途ページ数変更オプションを契約することで10ページ以上の作成が可能です。詳しくはオプション・アプリの種類についてをご確認ください。
フォーム 1個まで作成可能 5個まで作成可能
メール配信 100件/月まで何度も送信可能 1,000件/月まで何度も送信可能
※プライムプランの場合は別途コンタクト数変更オプションを契約することで1000件以上の送信が可能です。詳しくはオプション・アプリの種類についてをご確認ください。
名刺管理 名刺データ100件まで管理可能 名刺データ1,000件まで管理可能
※プライムプランの場合は別途コンタクト数変更オプションを契約することで1000件以上の登録が可能です。詳しくはオプション・アプリの種類についてをご確認ください。
ファイル管理 1GBまで保存可能 10GBまで保存可能
※プライムプランの場合は別途ストレージ容量変更オプションを契約することで10GB以上の利用が可能です。詳しくはオプション・アプリの種類についてをご確認ください。
コミュニティ メッセージや投稿は使い放題
アカウント 1人まで発行可能 最大10人まで発行可能
※プライムプランの場合は別途アカウント数変更オプションを契約することで10人以上に変更が可能です。詳しくはオプション・アプリの種類についてをご確認ください。
オプション機能 顧問先の時系列分析の他、業種や規模・地域別での他社比較や経営指標分析可能
AIが未来6カ月間の現預金残高推移の予測を行う

※1:Webサイトのサーバー費用含む。ドメイン(サブドメイン)1つ無料。

「ポータル」とは

Hirameki 7ではサービスのトップ画面を「ポータル」と呼んでいます。

ポータルはアカウント発行後、初期設定まで完了すると表示されます。経営や労務、マーケティングなどビジネスに関する最新情報をご案内しています。

「Webサイト」とは

オリジナルのホームページをHTMLなどの知識不要で作成できる機能です。

業種別に用意されたデザインテンプレートを選び、パーツを組み合わせるだけで、かんたんに作成できます。
また、Google Analyticsとの連携機能や独自ドメイン(2022年10月から)も使えます。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのWebサイトをご確認ください。

「フォーム」とは

お問い合わせフォームをかんたんに作成できる機能です。

パーツを組み合わせるだけで、システムの知識は不要。Webサイト機能で作成したホームページへの導入も1ステップで完了できます。
資料請求、アンケート、定員制セミナーの申し込みフォームの作成も可能です。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのフォームをご確認ください。

「コミュニティ」とは

サービス利用者同士がつながり、気軽にコミュニケーションできる機能です。

タイムラインで自社のニュースや記事を投稿することで、自社の事業を発信・アピールできます。また、特定の方や複数人で使える、ビジネス専用の連絡ツールとして利用可能です。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのコミュニティをご確認ください。

「ファイル管理」とは

ユーザーだけがアクセスできるセキュアな環境で社内のファイルを一元管理できる機能です。

ファイル共有を使えば、社外の方でもダウンロード可能なURLを発行できます。また、ファイル管理に保存されたファイルは、フォームやコミュニティの機能と連携して呼び出すことも可能です。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのファイル管理をご確認ください。

「名刺管理」とは

名刺データなどの顧客情報(コンタクト情報)を一元管理できるアドレス帳のような機能です。

複数のデータをまとめて取り込めため、登録もかんたん。メール配信と連携すれば、メルマガもスムーズに配信できます。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドの名刺管理をご確認ください。

ポイント

コンタクト情報とは?

Hirameki 7では、名刺管理に登録する顧客情報のことを「コンタクト情報」と呼んでいます。

「メール配信」とは

メールマーケティングに特化したメール配信機能です。

HTMLメールの作成もかんたんで、企業名や氏名を宛先ごとに自動で置き換える、より丁寧なメルマガ配信も可能です。ゴール設定をすれば、メルマガ経由のマーケティング成果も可視化できます。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのメール配信をご確認ください。

「MMI(経営分析)」とは

株式会社ミロク情報サービスの会計ソフト ACELINK NX-Proと連携し、会計データの可視化ができる機能です。

同業だけでなく、業種や売上規模などの条件で比較も可能。会計データを整理・可視化することで、財務上の課題が発見しやすくなります。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのMMI(経営分析)をご確認ください。

注意

ご利用には、株式会社ミロク情報サービスが提供するbizskyIDのアカウント情報(メールアドレス、パスワード)が必要です。
bizsky IDをまだお持ちでない方はこちらからアカウント取得をお願いします。

「CFM(AI予測)」とは

株式会社ミロク情報サービスの会計ソフト ACELINK NX-Proと連携し、Hirameki 7に搭載されたAIが企業の資金繰り状況を予測する機能です。

未来6カ月先の資金繰り状況の予測結果が一覧で表示されるので、顧問先様の状態が一目でわかります。また、予測結果に基づくアドバイスも提供いたします。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのCFM(AI予測)をご確認ください。

注意

ご利用には、株式会社ミロク情報サービスが提供するbizskyIDのアカウント情報(メールアドレス、パスワード)が必要です。
bizsky IDをまだお持ちでない方はこちらからアカウント取得をお願いします。

契約プランのご確認、アカウント情報、企業情報の設定や変更、管理画面に接続できるIPアドレスの設定など、Hirameki 7を利用するための情報がまとめて確認、変更ができます。

機能の詳しい操作方法については、ご利用ガイドのアカウントをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ