「資金繰り予測レポート」について

過去23ヶ月(最大)の実績値と6ヶ月先迄の「資金繰り予測」グラフを確認することができます。
資金繰り予測は、各科目の実績値を基にAIにより傾向性を捉え算出されます。

1.画面について

画面キャプチャ

2.画面の説明

番号 項目名 詳細説明
1 顧問先切替え 表示させる顧問先データを切り替えることができます。
2 資金繰り予測グラフ~脚注 プロット点の形(○、△、□)がそれぞれ、ベースシナリオ、保守シナリオ、楽観シナリオを表し、緑/赤の色により良好/危険を示します。
3 資金繰り予測グラフ~グラフ 現在時点までの預金残高と6ヶ月先までの預金残高の予測値が折れ線グラフで表示されます。
4 アドバイス欄 AIによって予測された、6ヶ月分の数値から注意すべき項目などのアドバイスが表示されます。
5 表示/編集モード切替え データレイクに保存されている過去のデータより算出された予測データ表示と、未来の各項目数値を編集し、手動シミュレーションを行える編集モードとを切替えます。
6 各科目表示 各科目の月ごとの数値と対比(前年同月比または比率)数値を表示します。編集モードへ変更し手動でのシミュレーションを行うことができます。

注意

・表示されるのはMJSデータレイクにアップロードされている顧問先情報のみとなります。

データアップロードについては、MJSデータアップロードツールをご利用ください。

・算出される予測値は、各科目の実績値を基にAIによって予測されています。

・傾向性を基にした予測値となります。

・個別の業界での季節性等を考慮したものではございません。

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ